塾 安い 中学生 高校生

塾安いのに評判がいいのはここ!ということで、学習塾の選び方を解説します!

 

学習塾の選び方とおすすめの学習塾・オンライン家庭教師

学習塾にやってほしいことランキング

学習塾に求められるのは

  • 小学生では成績アップや学習習慣の定着化、中学受験対策
  • 中学生や高校生では志望の高校や大学への受験合格

ですよね。

月謝や授業料も気になる

でも、どんなに高い実績のある塾や予備校、学習教材であっても、毎月の授業料や月謝が数万円となると継続するのがきつくなってしまいますよね?

学習塾や学習教材を選ぶポイント

送迎の時間や手間隙を考えれば

  • 家の近くの宿を探す 
  • オンライン家庭教師やネット塾
  • 進研ゼミ・Z会・ポピー・スマイルゼミのような通信講座

を利用するのも一つの方法です。

 

学習塾の月謝を自宅学習教材や家庭教師と比較

学習塾では学年や教科数にもよりますが毎月1万5千円から35000円ぐらいかかるという塾や予備校もあります。一方、通信講座では比較的安いもの、進研ゼミでも5000円ぐらいかかるということもあります。個人の家庭教師では一コマ2000円から4000円ぐらいでしょうか。大手の公文式などでも定期テスト対策をやっていますが、そこは別料金になっているという場合もありますから、一年目は思わぬ追加出費にびっくりしてしまうかもしれません。

 

学習塾の口コミを比較

口コミサイトはなどでも様々な情報がありますが、

この塾は良かった

この宿は全然駄目だ

この塾はいいけど授業料が高すぎる

と言った口コミがたくさんあります。

お子さんとの相性が大きい?

でも、特に不満については感情的なものもあるせいか、客観的に口コミ情報を拝見してみると、結局のところお子さんのレベルや性格、今の学力と塾のシステム、講師との相性との兼ね合いかなと思わせられる部分が多いので、慎重に分析する必要があります。

 

学習塾の講師や経営者の評判

昔は個人で学習塾を経営しているというところも多かったですが、最近は「大手学習塾のフランチャイズ」として経営しているところが多くなってきました。カリキュラムや教材には大手のノウハウが活用できるので、開校間もない塾でも安心です。

塾講師の口コミは?

塾の講師はもともと学生のアルバイトという人も少なくないですし、最近では塾の講師や授業の質はいいけど、経営者が20台でちょっと不安といった口コミも増えてきています。家庭教師も完全に個人でやっているものから、トライのような大手の家庭教師派遣会社に所属している人もいます。講師のの学力はもちろんですが、教え方や学習習慣の付け方、そして指導方法や講師自体のトレーニング体制というのも、塾ごとにバラバラなので単純比較ができません。

 

学習塾の授業料はなぜ高い?

学習塾の授業料に大きく影響を与える家賃とフランチャイズ料

ところで学習塾の授業料って講師の給料や時給だと思っていませんか? 家庭教師であればもちろん講師本人に払う時給が大きなウエイトを占めますが、実は学習塾の経営に大きな影響を与えているのが、家賃とフランチャイズ料です。

営業時間の短い学習塾に高額な駅近の家賃は負担大

学習塾は駅の近くのビルの中にあることも多いですが、駅から近ければ近いほど家賃が高くなってしまいます。同じような立地でも、飲食店であれば昼にランチ営業するなどで、ちょっとでも売上を増やして家賃を賄うなどができますか、学習塾の場合は基本的に放課後の時間しか営業できませんよね。家賃を賄うだけの授業料収入を得るのはなかなか大変です。

駐輪場や送迎のための駐車場の確保も難題

さらに問題なのは生徒が利用する駐輪場や送迎のための駐車場の確保です。 これも都心や駅近のになるほど馬鹿にならない維持費がかかってきます。路上駐車している親の車で周囲に迷惑をかけていたりすると、普段からの挨拶回りも欠かせません。塾の経営者は授業以外に考えなければいけないことがたくさんあるんです。

 

本部に収めるフランチャイズ料も馬鹿にならない

さらに大手学習塾の中には、都心で自社で直接経営して講師も直接雇用しているところもありますが、日本全国の大手学習塾や個別指導塾のほとんどはフランチャイズ制と言って、大手学習塾の名前ブランドや教材、カリキュラム、教育システムなどをお借りして、その代わりにフランチャイズ料を本社に収めると言う 仕組みになっています.

フランチャイズ料はどれくらい?

このフランチャイズ料、実際にあなたが払っている授業料や月謝のうち、どれぐらいの割合を占めてると思いますか?10から20%ぐらいでしょうか?

 

いえいえとんでもありません。実際には40から55%ぐらいを占めているんです。

え?じゃほとんど本部に吸い上げられてるってこと?

そうなんです。塾の経営者は授業料の残りの50%ぐらいから、塾の経費、家賃や講師の給料を払わなければいけませんから本当に大変です。ブラックバイトなんていう言葉も一時期話題になりましたが、実際に授業の準備時間までしっかりと講師に確保してもらえるような賃金体系になっている例はかなり少ないようです。

 

講師の待遇もファーストフードやコンビニに比べれば複雑ではありませんし、キツい肉体労働ではありません。そうは言っても塾講師の時給はそのようなアルバイトにちょっと毛が生えた程度のことがすくなくありません。家庭教師の半額ぐらいということもあります。本当ならクラス制や個別指導制でたくさんの生徒の面倒を同時に見るなら、もっと時給が高くてもいいと思うんですけどね。

 

 

クラス制・個別指導生でも授業料によって違いがある

このような理由もあって、個別指導の塾であってもその教室の設備などは授業料によって違いがあるようです。やはり授業料の安いところでは大きな教室を使って、同じく空間でバラバラに勉強しているだけだったり、ちょっとブースで仕切ってあるだけというところが多いようです。授業料の高い塾の中にはひとりひとり個室になっていて、他の雑音や他の生徒に教えている時の先生の声など聞こえないようになっているというところもあるようです。
土地の狭い日本ではやっぱりここはお金がかかるところです、カリスマ講師を雇わなくても学習塾の授業料が高くなってしまうのはこんなにもあるのだと思っておいてください。

 

コスパの良いオンライン家庭教師やネット塾はメリットが多い

オンラインなら授業料が安い

その意味ではオンライン家庭教師ネット塾は一番コスパの良い方法です。 なんと言ってもこの家賃の部分がかかりません。

送迎など親の負担も少ない

子供は通学する必要がなくて、親も送迎する手間が要りません。大手の家庭教師派遣会社ではオンラインであっても家庭教師に対するトレーニングや面談も定期的に行っていたりして、講師や授業の質を高く維持できるようなシステムを構築しているところもあります。最近はインターネット・SNSなどで悪い評判ほど早く拡散してしまいますから、大手ほど必死になって頑張ってやっています。

 

学習教材もうタブレットになって進化

タブレットを使う自宅学習のメリット

進研ゼミ、スマイルゼミポピーなどの学習教材も進化していますよね。最近ではタブレットを使ったオンライン学習も増えています。タブレットを使えば文字だけではなく動画を使った説明などができるので、理科はもちろん、算数・数学・代数幾何などでも、簡単に感覚的に理解できるようになります。これは特に今まで文字だけを読んで抽象的な概念を理解するのが苦手なお子さんには朗報ではないでしょうか。特にADHDなどの発達障害やLD学習障害を持つお子さんにはおすすめです。

テストの結果や添削が早く返ってくるから忘れない

さらに今まで郵送だった模擬テストの添削結果などもリアルタイムですぐに結果が分かって、すぐ復習に取り掛かれるのはオンライン学習の大きな利点。忘れないうちに定着させることができます。以前は2週間ほどかかっていた赤ペン先生の添削なども、ぐっと短期間でアドバイスが帰ってくるので、やっぱりいいですよね。このスピードアップは今までの学習教材のデメリットを、ほとんど帳消しにしてくれるぐらい強力な強みになっています。

 

月謝だけでは選べない塾選び 子供の都合

でも、一番面倒なのが、塾選びの場合、「子供の同級生やクラスメイト友達が通っているから行きたい」ということがかなりの確率であるということです。同じ塾に行ってないと仲間外れにされてしまうという危険性は実際にあります。とは言っても、全く「子供だなぁ」と馬鹿にはできません。

実際に塾に通っている友達のリアルな口コミ情報

実際に塾に通っている友達のリアルな口コミ情報を聞いているわけですから、一番信頼できる情報です。ネットで検索しても、最近は広告ばかりが上の方に表示されていますので、あんまり信用できません。口コミサイトもサクラなどが紛れ込んでいる危険性があります。

 

子供も意外と真剣

学校の授業だと「他の生徒がうるさい」なんていうことはよくあるというイメージですが、最近は学習塾でも

他の生徒がうるさくて授業に集中できないから他の塾に移りたい

と自分の事を真剣に考えているお子さんも少なくありません。「環境のせいにするな」という厳しい先輩ママもいますが、実際に普通よりも雑音が苦手なお子さんというのも少なくないのです。

いい塾講師に出会いたい

塾の講師には資格などはなく、教養課程を出たり、授業の仕方や指導法に関して特にトレーニングを受けないで授業やっている講師も多いですから、指導力は実際のところまちまちです。たとえ一流大学出身、有名で大きな塾や予備校であっても講師によって個人差が幅広いはケースは多々あります。そういう意味ではビリギャルのような「いい講師」に出会得ることは本当に貴重な事なのだと思います。

 

テストで効率よくいい点を取るためのポイント

進研ゼミのような通信制の学習教材や学習塾も、昔に比べると今は情報が蓄積されてきて、各学校の授業の進捗に合わせたり、試験対策もかなり学校別に書く対応してくれていて、すごい努力と情報網だなと感心します。いわゆる社会に出てから本当に役立つ学力がつくかどうかは分かりませんが、実際にテストで効率よくいい点を取るためのポイントをしっかりおさえた教材や授業になってきています。結局テストで結果を出せないと、お子さんのやる気も下がってしまいますからね。

塾で成績アップを実感できない場合

面倒くさくなって塾を辞めちゃったけど成績がガクっと落ちてしまい、やっぱりあの学習塾は良かったんだと気付かされた

ということで「再び同じ塾に行き始めた」という例も結構多いんです。

 

親から塾に行くことを強制されると苦痛に感じる

どうしても親から塾に行くことを強制されるとすごく苦痛に感じまるようです。塾をサボって遊びに行ったりする傾向も高いです。でも、中には学習塾へ通って実際にいい成績をとることで、自分に自信が持てるようになり、勉強が好きになったという子も非常に多いんです。。親としては、本人のやる気アップのためなら、できる限りのサポートをしてあげたいですよね。

 

昔に比べると最近のお子さんは本当に素直になってきていますから、多少時間はかかっても、ただ単に成績が上がった下がっただけを見るのではなく、親も「どれぐらい勉強して、どれぐらい成績に反映されたか」

これだけ頑張ったから成績が上がったんだね

というふうに、過程や努力自体をほめてあげるようにしてあげると、お子さんも勉強に取り組んでくれるようになりますよ。

page top